運転時に40代・50代が感じる昼の太陽の眩しさ – 安全運転にかかせないサングラスの選び方とおススメ

運転中に直射日光や眩しい光から目を守るため、サングラスは重要なアクセサリーです。

特に40代・50代のドライバーにとって、視力の変化や眼精疲労のリスクが高まるため、適切なサングラスの選び方は一層重要です。

今回は、40代・50代のドライバー向けにおすすめのサングラスの選び方と具体的な製品を紹介します。

サングラスの重要性

運転中の視界確保は、安全運転に直結します。

直射日光や反射光が目に入ると、瞬間的に視界が奪われることがあります。これが原因で事故が発生するリスクも高まります。

また、長時間運転する際に眩しい光を浴び続けると、眼精疲労を引き起こし、集中力が低下します。特に40代・50代になると、老眼や視力の低下が進むため、適切なサングラス選びがさらに重要となります。

サングラスと健康維持

サングラスを使用することで、目を紫外線から守り、眼精疲労を軽減することができます。特に40代・50代のドライバーにとって、目の健康は重要な課題です。サングラスを正しく選び、使用することで、目の健康を維持し、快適な運転を続けましょう。

紫外線と目の健康

紫外線(UV)は、目に有害な影響を与えることが知られています。

紫外線は波長の違いによりUVA、UVB、UVCの3種類に分類されますが、その中でもUVAとUVBが地表に到達し、人の目に影響を及ぼします。

長時間紫外線にさらされることで、いくつかの重大な眼疾患のリスクが高まります。

以下では、特に白内障と黄斑変性症について詳しく説明します。

白内障

白内障は、目の中にある水晶体が濁ることで視力が低下する疾患です。紫外線は白内障の主要なリスク要因の一つとされています。

  • メカニズム: 紫外線、特にUVBは水晶体のタンパク質を変性させ、白濁させることが研究により示されています。この変性が進行することで、水晶体が透明性を失い、視力障害を引き起こします。

  • 症状: 白内障の初期症状には、視界がぼやける、眩しさが増す、色がくすんで見えるなどがあります。進行すると、視力が著しく低下し、日常生活に支障をきたすことがあります。

  • 治療と予防: 白内障の治療は主に手術によって行われ、水晶体を人工のレンズに置換します。予防としては、UVカット機能を持つサングラスを着用し、紫外線から目を保護することが推奨されます。

●水晶体が濁る「白内障」
モノを見るときに、ピントを合わせる役目となる「水晶体」が白く濁ってくる病気です。水晶体が濁ると、網膜に鮮明な像が結べなくなって、目のかすみなどの症状が起こります。
原因の多くは老化。髪が白くなったり、皮膚にしわができるのと同じように、老化によって水晶体も、多かれ少なかれ濁ってきます。そのため、年齢とともに「白内障」になる人は増えてきます。

https://www.osaka.med.or.jp/citizen/tv49.html

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は、網膜の中心部分である黄斑が変性し、視力が低下する疾患です。年齢関連黄斑変性症(AMD)は特に50歳以上で多く見られますが、紫外線曝露もリスクを高める要因の一つです。

  • メカニズム: 紫外線は網膜に直接的なダメージを与えることがあり、これが長期的に黄斑の細胞にダメージを蓄積させ、変性を引き起こすと考えられています。特にUVAは網膜まで到達しやすく、酸化ストレスを引き起こします。

  • 症状: 黄斑変性症の初期には、視界の中心がぼやける、直線が歪んで見えるといった症状が現れます。進行すると、中心視力が失われ、細部を見ることが難しくなります。

  • 治療と予防: 黄斑変性症には、抗VEGF薬の注射などの治療法がありますが、予防が重要です。UVカットサングラスの使用、抗酸化物質を含む食事(緑黄色野菜や魚など)を摂ることが推奨されます。

加齢黄斑変性は、年齢とともに進行する眼の疾患で、黄斑部(網膜の中央部分)に出血やむくみが生じ、視力の低下を引き起こします。この状態を放置すると、視力の回復が難しくなることがあります。実際、日本においては、失明原因の第4位とされています。

そもそも「加齢黄斑変性」とは?

最新のサングラスの特徴と選び方

サングラスを選ぶ際のポイントとして、以下の要素が重要です。

  1. UVカット機能
    紫外線は目に有害であり、長時間浴び続けると白内障や黄斑変性症などのリスクが高まります。サングラスには必ずUVカット機能が搭載されているものを選びましょう。
    理想的にはUV400と表示されているものが最適です。
  2. 偏光レンズ
    偏光レンズは反射光をカットすることで、眩しさを軽減し、クリアな視界を提供します。特に運転中は、道路や車のボディからの反射光が視界を妨げることがあるため、偏光レンズを採用したサングラスが推奨されます。
  3. フィット感とデザイン
    サングラスが顔にしっかりフィットし、ずれないことも重要です。特に長時間の運転では、快適なフィット感が求められます。また、デザインも重要な要素です。顔の形や好みに合ったデザインを選ぶことで、毎日の運転が楽しくなります。

サングラスのレンズの色とUVカット機能に繋がりは無いです。レンズの色が薄くてもUVカット機能が付いているものもあります。必ずUVカット機能が付いていて、紫外線カット率99%以上、あるいは紫外線透過率1%以下のものを選ぶようにしましょう。

おすすめサングラス

1. レイバン(Ray-Ban) ドライビングサングラス

レイバンはサングラスの老舗ブランドとして知られています。特にドライビングサングラスとして人気が高いのが、偏光レンズを採用したモデルです。レイバンの偏光サングラスは、反射光を効果的にカットし、クリアな視界を提供します。また、スタイリッシュなデザインも魅力の一つです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

2. オークリー(Oakley) FLak 2.0

オークリーのFLak 2.0は、スポーティなデザインと高い機能性で人気があります。偏光レンズを搭載しており、眩しさを軽減しつつ、クリアな視界を提供します。さらに、軽量なフレームとフィット感のあるデザインで、長時間の運転でも快適に使用できます。

¥15,431 (2024/06/01 00:13時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

3. セリーヌ(Celine) クラシックサングラス

セリーヌのクラシックサングラスは、エレガントなデザインと高い機能性が特徴です。UVカット機能はもちろん、偏光レンズも採用されており、スタイリッシュでありながら運転中の眩しさを効果的に軽減します。特に女性ドライバーにおすすめの一品です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

最近のトレンド

最近のトレンドとして、サステナブルな素材を使用したサングラスが注目を集めています。

環境に配慮した製品選びは、地球環境の保護にも貢献します。例えば、プラスチック廃棄物をリサイクルして作られたフレームや、環境に優しい染色技術を使用したレンズが登場しています。

また、最新の技術を活用したスマートサングラスも人気です。スマートサングラスは、運転中にハンズフリーで電話をかけたり、音楽を聴いたりできる機能が搭載されています。これにより、運転中の安全性と快適性が向上します。

まとめ

40代・50代のドライバーにとって、適切なサングラスの選び方は視力保護と安全運転に直結します。

UVカット機能や偏光レンズ、快適なフィット感とデザインが重要なポイントです。

最新のトレンドやニュースも踏まえて、自分に合ったサングラスを選びましょう。

運転中の視界をクリアに保ち、安心してドライブを楽しむために、この記事で紹介したポイントを参考にしてみてください。