『 究極のTKG 』を語らせてくれ!自分ならこう作る!

スポンサーリンク

2017年9月6日(水)・7日(木)に、東京都立産業貿易センター台東館で、クリスマスおもちゃ見本市2017が開催されたニュースを観ました。今年のトレンドは「大人も楽しめること」らしいです。数あるおもちゃの中でもタカラトミーアーツが販売する「究極のTKG」は、たまご割り機能によって黄身と白身を分離し、ホイップスイッチを押すとモーターが高速で回転して白身を撹拌します。撹拌した白身をごはんに乗せて黄身を乗せて、ふわとろの食感の卵かけごはんができるそうです。
いろいろなテレビ局で、卵かけご飯を取り上げていますね。年末にかけてブームの波が来るかもしれませんね。

[amazonjs asin=”B075439Q9V” locale=”JP” title=”究極のTKG (たまごかけごはん)”]

スポンサーリンク

ある番組の美味しい卵かけご飯の食べ方

フジテレビ系「めざましテレビ」の「ココ調」で、最も美味しい卵かけご飯の食べ方を紹介していました。途中の内容は省きますが、味覚センサー「レオ」の分析結果によると、「先に白身をご飯かけてまぜて、後で黄身を乗せしょうゆをかけて食べる【黄身後まぜ派】」が、ご飯との相性が一番良く、卵かけご飯の旨味No1の「白身は使わず、黄身だけをご飯かけてしょうゆをかけて食べる【黄身だけ派】」と比べると3%の差がありました。ご飯との相性で判断した場合、3%がどの程度違うのかというと、味覚センサー「レオ」の開発会社AISSYの鈴木隆一代表取締役が言うには「すっごく美味しいのと、まあま美味しいくらい」の差があるそうです。けっこう違いますね。

我流の卵かけご飯

地元で手に入る卵の中で、愛知県一宮市にある「うきうき村」が扱っている「尾張のおいしい卵」が美味しいと思います。安くはないですが手頃な価格で買うことができます。スーパーで売っている高級卵は試したことがありません。

食べ方

「めざましテレビ」の「ココ調」で、ご飯と卵との相性がNo1になった【黄身後まぜ】流が美味しいです。

卵のかき混ぜ方

白身をご飯かける前に、白身だけでまずかき混ぜます。箸で混ぜてもいいのですが、このグッズを使うと滑らかに混ぜることができます。
[amazonjs asin=”B00QJQ3S4Y” locale=”JP” title=”サンクラフト たまごのなめらかスティック イエロー TS-01″]

醤油

さっぱりとした旨味を求めるのであれば、この醤油をお奨めします。まぁ、出汁入りが好きな方もいると思いますので、お好みで選ぶのが良いと思います。
[amazonjs asin=”B00131DMYG” locale=”JP” title=”オーサワ あかねしょうゆ 720ml”]

ご飯

我が家では栄養摂取の目的で玄米を食べているので、圧力炊きの玄米で食べていますが、白米は美味しいですよね。

卵かけご飯ができるまでの流れ

茶碗に卵の白身のみ入れる → かき混ぜる → ご飯入れる → かき混ぜる → 黄身入れる → かき混ぜる → 醤油入れる → かき混ぜる → 食べる!

食べ過ぎに注意

卵かけご飯の出来上がりが、十分なとろみある状態が好きなのか、程よく卵がご飯にコーティングされている状態が好きなのかで、選ぶ卵の大きさとご飯の量が変わると思いますが、総じてご飯食べ過ぎちゃいます。

コメント