富山市内の角打ちで「せんべろ」体験してきました。角打ちできる酒屋に出会いました。

スポンサーリンク

出張で富山市にやってきました。出歩くことに活発な方ではないため、一人出張の場合の夜は、暇な時間になってしまいます。といって一人部屋にこもっていても何も話題は生まれません。こんな生活態度では、このブログを更新していく資格は無いと思い改め、ホテルから出ることにしました。

スポンサーリンク

ホテルプライム富山

今回の出張で宿泊したホテルは「ホテルプライム富山」でした。楽天トラベルで比較的リーズナブルな価格で予約できたため、あまり深く考えることなくこのホテルにしました。まずはこのホテルの感想を書くと、車を停める駐車場はホテルの裏にありますが、スペースが狭く、向かいの車との距離が近い気がします。車を出す時に擦りそうです。ホテル裏にも数台停めるスペースがあるので、そっちの方が良さそうです。
シングルルームの部屋の広さは、可もなく不可もなく「シングルルーム」という広さです。テレビは大きいですね。
朝食が無料で付いてくるのが魅力です。カレーが美味しかったです。

いざ、話題作りへ。そして、角打ちの店を発見。

今回、角打ちができる店を見つけたのは本当に偶然です。ホテルの正面玄関を出て、とりあえず右に曲がってまっすぐ行ったところの角にお店がありました。

酒処でもある富山県の酒屋が角打ちをしているということに驚きました。角打ちは、小銭で飲むことができるので非常にお値打ちな酒呑みシステムだと思っています。最近では、立ち呑み式の居酒屋で酒を飲む場合でも「角打ち」と表現することが増えてきましたが、本来の角打ちの意味は、「酒を販売する酒屋の中で立ち呑みを行うこと」だと思うんです。
外から店内を覗くと、角打ち客用の台も置いてありました。

ツンデレ店なのか?でも、酒の種類は選ばれたものが置いてある

お店に入ると、頭がXと反りあげられたお兄さんが出てきて、ちょっとびっくりしましたが、「外に角打ちできると書いてあったので」というと、「ああ、できますよ。」とちょっと冷静な対応でした。「おーい、角打ちのお客さんだぞー!」って店内に声を掛けると、中から女性がでてきました。とりあえず、冷蔵庫内にあるお酒の注文の仕方の説明を受けて、日本酒を見たのですが、銘柄だけではどこの県のお酒なのかわからなかったので、「地元のお奨めのお酒はありますか?」と訊いたら「どれも地元の富山のお酒ですよ」と、こちらもちょっと冷静な対応でした。
角打ちには、コミュニケーションは必要ないのかもしれませんね。黙って独り呑みってところなのでしょうかね。

こんな感じのお店なのかな~って思いつつ、とりあえず喉が渇いていたので、まずは、地ビールの「風雅」を飲みました。
最初にお伝えしておかないといけないのが、自分自身の好みの味は甘めが好きです。このビールの味は、ペールエール好きの方にはたまらないと思いますが、自分自身はホワイトビール系が好みなんですよね。地ビールということで思わず飲んでみましたが、自分にとっては特に特筆するものがないビールでした。

ただ、次に飲んだ3種類の日本酒がどれも独特の風味で、久しぶりに美味しい日本酒を呑んだ気持ちになりました。

日本酒は50ccあたり100円から200円で、今回日本酒を3種注文したのですが、全て200円のものにしました。
冷蔵庫には他にも梅酒やワイン(富山産?)、焼酎もありました。ワインの値段は50ccで500円ぐらいするものもありましたが、ほとんどは100~200円台が中心です。

 

三笑楽 蔵出濁酒生

お米のつぶが残っているにごり酒でした。口に入れたときに甘酒と同じ味を期待すると、辛口系の味が口に広がり期待を裏切られますが、にごり酒独特の甘みは残っているので不思議とすっきり飲むことができる日本酒でした。
(画像はピンボケしてしまいました)

若鶴 苗加屋 琳赤(のうかや りんのあか) 純米吟醸 無濾過生原酒

「キレのある旨い酒」という表現が合っているのかもしれません。このお酒は最初に飲んだ「蔵出濁酒生」と比べると、濁り酒の部分を無くしたとしても、とてもすっきりしています。とても飲みやすいお酒だと思います。

玉旭 ECHOES 酒母搾り 純米生原酒

これが3種類の中で最も衝撃を受けて、もっとも好みの日本酒でした。簡単に言ってしまえば「甘み」があります。甘みのあるお酒が好きな自分にとって、このお酒はピンポイントで心にはまりました。

酒といい出会いができた

お店の人はフレンドリーとは言えないです。でも、そんなものなのかもしれません。扱っているお酒は美味しいものでした。きっとお酒に向き合っているお店なんだろうと思います。酒蔵と違って無料で試飲させることができないため、ここの角打ちは、小銭で富山のお酒と出会うことができる場所と考えるのがいいかもしれません。

でも、1000円あれば十分ベロベロになれます。

コメント