転職エージェントの違いで転職成功率は変わる?登録からサポート内容の違いを知れば成功率は上がるはず

スポンサーリンク

転職エージェントで有名な会社といえば、JACリクルートメント、パソナキャリア、DODA、リクルートエージェント、ビズリーチなどがあります。自分自身はこれら全てにお世話になっています。だからといって、全部にすんなりと登録できたわけではありません。

スポンサーリンク

転職エージェントは大きく分けて2種類

個人的な印象として、ビズリーチは、履歴書および職務経歴書の登録から企業の人事担当者とのやり取りまで全て自分でおこないます。そのため履歴書と職務経歴書の書き方や面接のアドバイスなどはありません(履歴書と職務経歴書の書き方については、ホームページ上で参照というかたちでサポートがあります)。ビズリーチはある程度の転職経験があり、面接にも慣れている方であれば、効果的に利用することができると思います。また、ビズリーチに登録した履歴書と職務経歴書は、企業の人事担当者以外に転職エージェントの人材紹介担当者も見ているので、転職エージェントからも連絡がきます。)

JACリクルートメントやパソナキャリアを代表とする転職エージェントは、広く人材を募集し、集めた履歴書と職務経歴書の内容から人材紹介を希望している企業の求人要項に合った人材をその企業に紹介します。通常、転職エージェントの担当者が付いて、履歴書と職務経歴書の書き方をおしえてくれたり、面接の練習をしてくれます。転職エージェントによって、担当者が求人紹介と面接の練習で変わりサポートが分業化されている会社や、求人紹介から面接の練習まで一人の担当者が付きっきりでサポートする会社もあり、個人的には最初から最後まで付きっきりで担当してもらった方がやりやすかったです。

具体的にサポートとは?

通常であれば、書類審査 → 一次面接 → 役員面接 → 内定となり、対象者が内定を受諾して晴れて入社となります。

書類審査における書き方サポート

自分の経験上の話では、書類審査向けの履歴書と職務経歴書の書き方をおしえてくれる場合、一旦両方の書類を提出させて、修正が必要な個所があれば訂正されます。よほど幼稚な内容でない限りは、文章について指摘されることはほとんどありません。「自己PRは、もうちょっと長くした方が良いです。」とか「最初に経歴の要約を入れてください。」など、特に職務経歴書の書き方については、企業の希望に合わせた内容にさせられます。でも、これが大切だと思います。企業の人事担当者は、いくつもの職務敬礼所を読みます。いくら長文で内容を濃く書いても最後まで読んでもらうためには、最初に興味を持ってもらう必要があります。

おそらく書類審査で落とされる時は、他によっぽと募集内容に合った人材が来たか、単純に年齢または学歴で落とされた可能性があります(たぶん、後者の可能性の方が高いと思います。こんな会社に入ったら入ったで苦労すると思うので、パッと割り切った方がいいです)。

面接の練習サポート

これもまた経験上の話にはなりますが、面接まで進むと、エージェントの担当者の対応が変わります。この対応から考えても、面接まで進むということは、採用する意思はあるということだと思います。きっちりしている転職エージェントの場合、面接で企業から訊かれると思われる質問についての回答をまず文章で作成させられます。文章にすることによって、回答の中に具体的な数値や内容を盛り込ませたり、伝えたい内容を短くまとめさせるのが目的です。

自分自身は面接で緊張するタイプなので、想定質問に対する回答を文章にする方が記憶することができるので、結果として良かったと思っています。正直、40歳を超えると記憶力が下がっていることを自覚するほど記憶力が下がるので、反復練習するためにも必要でした。

面接の想定質問で大切なのは3つ

重要な質問は3つだと思います。「志望動機」「転職理由」「何か質問はありますか?」の3つに共通することは、転職先の会社としてどの程度理解してきているのか、面接を受けている会社についてどの程度勉強してきたのか、この会社にどの程度興味を持っているのかということです。

ぶっちゃけてしまえば、純粋に「社会貢献」「自己実現」などの理想だけで転職する人ばかりではないことは、その会社の人事担当者も分かっていると思います。見たいことは、「応募した会社」とこの理想とを自分と結びつけているかということなんです。面接サポートがしっかりしているエージェントはここの部分をしっかりと作成しようとしてきます。ここをしっかりと作ることができれば、内定に繋げることができると思います。

導いてくれる人=エージェント

転職の経験を積むと、書類の書き方や面接の想定質問内容とその回答の作成をすることは慣れてきますので、サポートの必要は無くなってきます。転職慣れした人の行きつく先がビズリーチなのかもしれません。
最初は、誰もが初心者です。転職エージェントは転職初心者が面接を通過できるまでサポートしてくれます。転職希望者に沿ったサポートをしてくれます。面接が苦手であれば、面接に慣れるための練習もしてくれます。

これまでの転職の経験から感じることは、面接のサポートが手厚い転職エージェントの担当者にサポートしてもらえば、転職成功率は上がると思います。

 

コメント