マンション売却① 売却すると決めたら、まず何をしますか?

スポンサーリンク

これまでマンションに住んでいたが、引っ越ししたためマンションを手放すことにした。

スポンサーリンク

最初の大きな決断

マンション
マンションの場合(一軒家でも)賃貸に出すという方法もあったのだが、築年数がまだ10年未満であったこと、分譲マンションなので主なターゲットは、ファミリーになると思うのだが、賃貸価格がそこそこの金額になってしまうこと、マンションが建っている場所の公共交通手段がめちゃめちゃ良いわけではないこと、空き部屋リスクがあること、少子化時代になったときに通勤手段のそれほどよくない古いマンションが売れるのかという漠然とした個人的な不安と、マンションが建っているエリア(自然が近くにある)的に「賃貸」を選択する人が少ないのではないかという個人的な考えにいたり、売却することに決めた。

大きな決断は、売るのか賃貸に出すのか決めることです。迷っていたら何も進みません。

仲介手数料は幾ら?

 

マンション幾ら

売ると決めたからには、どこでどーやって売るのかを決めないといけません。そして売却金額を幾らにして、手数料が幾ら必要なのか計算しておなかいといけません。

仲介業者がもらえる金額は、取引金額×3%+6万円+消費税(取引金額が400万円以上の場合)です。2000万円で売ることができた場合、71万2800円を手数料として仲介業者に支払います。

売却価格は幾らにするか?

買った金額より高い金額で売ることができれば、何て素敵なことでしょう♪・・・ですが、そんなに世の中甘くはないことは自分でもわかっています。少なくともローン残高以上で売れてほしいとは思いますが、どこの業界でも” 相場 ”というものがあります。その相場を知るためには、査定に出すのが一番早くて正確です。

どうしたら適正な価格を知ることができるのか?

ただし査定は、一社ではなく複数社から取ることで、自身のマンションの価格をより正確に知ることができます。なぜ価格をなるべく正確に知る必要があるのかというと、購入する方も購入をしようと考えた場合、安い買い物ではありませんし、今のようなインターネットの時代ですから徹底的にその物件を調べます。そしてサイトの会員登録やプラスアルファをすることで、販売時の価格や過去のそのマンション内で販売された記録を知ることができるんです。こういった記録が存在するということは、これらのデータから相場の売却価格って決まってしまうんです。

価格を決める時のポイント

相場の価格より高くつけてしまうと、なかなか売れない事態になります。逆に安くつけてしまうと「訳あり?」と疑われてしまうことがあります。でも、気にしない買い手がいれば、すぐに売れるかもしれませんね。ポイントとしては、安過ぎる価格で売ってしまうとそれがデータとして残るので相場を荒らすことになるので注意してください。

なるべく楽に売りたいと思っても絶対に複数社から見積を取った方が、相場に反せず適正な価格で市場に売却を出すことができます。

 

 

 

コメント