マンション売却③ 仲介業者を決めるときは何社かに査定を依頼するべき

スポンサーリンク

仲介業者を決める時には、何社(お勧めは5社以上)かに査定してもらうことをお勧めします。その理由として、会社によって販売方法がいろいろとあります。また、査定金額を幾つか出してもらうことで、ある程度の相場の平均価格を知ることができます。

スポンサーリンク

査定価格の平均価格から自分なりの相場を考える

仮にA社:3000万円、B社:3000万円、C社:2500万円、D社:2750万円、E社:2800万円とします。平均すると2810万円です。

個人的な意見としては、過去の販売記録や最近売買された物件価格の具体的な数値を出してくる会社は、高めに査定価格をだし、単に「このマンションの周辺と類似のマンションの販売価格などを参考にして、総合的に査定すると・・・」というようなところは、低めの査定価格になる気がします。ただし、会社によっては、契約してもらいたいためにわざと高く査定する可能性もあるかもしれません。

「じゃぁ、販売価格設定は2800万円前後が無難かな~。」って思うかもしれませんが、一度考えていただきたいのは、

あなたならこのマンションを幾らで買いたいですか?

ってことです。

マンションを買いたい人の気持ちになる

これは実際に売却を始めてから思ったことですが、「高く売れて欲しい」という気持ちが、高い査定をだしてきた会社と契約してしまったような気がします。

マンションを買いたい人は、希望するエリア、希望する最寄駅、希望する購入価格があります。インターネットが主流となったこの時代ですから、これらの条件から簡単に売りに出されているマンションを検索することができます。「ここのマンションに住みたい」っていう希望で探している人がたまたま見つかればいいですが、ほとんどの人は、なるべく安く買いたいと思うのではないでしょうか?

契約するかは別として下限の会社としっかり話をしてみよう

下限の査定価格の会社が、何故この査定にしたのかをきちんと知ることができれば、客観的に自分のマンションの価値をみることができる手助けになります。「ローンが幾ら残っているから」だけで販売価格を付けるとずっと売れ残るマンションになりかねません。長期間売れ残るようなことがあると、「訳有りマンション」として見られてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

業者によって言う事と内容が変わります

幾つかの会社と話をしたほうが良いと思いますが、営業担当者が何か生理的に合わないな~って感じるような場合は、その会社とは止めた方がいいです。

順調にすんなりと売れればいいですが、販売に出した時の反響がいまいちだったりすると、一気に険悪になる可能性があります。

コメント