「周りと同じ態度を取っているはずなのに、なぜ自分だけが生意気と見なされてしまうのか」と感じてしまう環境

上司から叱られる部下 個人的探究

あなたはこんな悩みを持ったことはありますか?

  1. 「周りと同じ態度を取っているはずなのに、なぜ自分だけが生意気と見なされてしまうのだろう」
  2. 「周りと同じ態度を取るように気を付けているはずなのに、やっぱりまた自分だけが生意気と見なされてしまった。」

自分自身は1と2では内容が全然違うと思っています。

でも、この1と2の悩みの相談を受けた場合の第3者の感想をAIに訊いてみたところ、ほぼ一緒の内容が返ってきました。

  1. この人は自分が何を言っているのか、周りがどう感じるかを全く理解していないようだ。たとえ周りと同じ態度を取ろうとしているとしても、言葉にはその人の考えや性格が反映される。だから、言わなくても良いことを無意識に言ってしまうその癖が、他人から見れば生意気に映るのだろう。自分だけがなぜそう見なされるのか理解できないなんて、自己中心的にもほどがある。他人の感情や反応をもっと考え、自分の言葉遣いを見直すべきだ。
  2. この人は本当に自分の言動を客観的に見れていないんじゃないかと思う。周りと同じ態度を取っているつもりでも、実際には自分の言葉遣いやタイミングが違っているんだろう。自分だけが生意気と見なされるのは、他人の反応をきちんと理解していないからだと思う。結局、自分のことばかり考えていて、他人がどう感じるかを考えられていないんじゃないか。もっと自分を見つめ直す必要があるんじゃないかな。

ちなみにこの投稿を書いている自分自身は、「自分だけが生意気と見なされる」と思っています

広告

なぜ特定の人が生意気だと評価されるのか

「みんなと同じような態度をとっているのに、なぜ目上の人から生意気と言われるのか?」この問いは、一度は直面したことがある人もいると思います。

例えば、新しい会社に入ったばかりの若手社員が、積極的に意見を述べたとします。

彼は、他の同僚が同じように意見を出しているのを見て、同じように振る舞っただけです。

しかし、ある日上司から「少し生意気だと思われている」と指摘されます。

その若手社員は驚きと戸惑いを感じるでしょう。同じ行動をしているにもかかわらず、自分だけがこのように見られる理由が分かりません。

自分もそうでした。

また、似たような事例として、同じ部署内の他の社員が昼食時に雑談をしている場面を想像してください。

ある社員が少し砕けた口調で上司に話しかけたところ、その場にいた他の上司から「その口調は失礼だ」と注意されました。

しかし、他の同僚たちは同じような口調で話しても何も言われませんでした。

これも、同じ行動が異なる評価を受ける典型的な例です。

この理由を考えて、なぜ特定の人が生意気だと評価されるのか、分析と考察をしていきたいと思います。

広告

生意気と言われる人の特徴

生意気だと感じられる人

みんなと同じような態度をとっているのに、生意気だと感じられる人の特徴には、しばしば微妙な違いが存在します。

例えば、ある会議での発言を考えてみましょう。

同じ意見を述べている場合でも、一人はリラックスした表情で笑顔を交えながら話し、もう一人は真剣な表情で話していました。

この違いだけで、前者は親しみやすいと感じられ、後者は堅苦しい、あるいは生意気だと感じられることがあります。

例として、新入社員のTさんを挙げてみましょう。

Tさんは、自信を持って自分の意見を述べるタイプですが、その際の表情が硬く、声のトーンもやや高めで強くなります。

このため、上司や先輩たちはTさんの意見を「押しつけがましい」と感じることがありました。

一方、同じ新入社員のSさんは、意見を述べる時に柔らかな笑顔と落ち着いたトーンで話すため、同じ内容の意見でも「協力的で前向き」と評価されました。

 

また、態度も重要な要素です。

例えば、あるプロジェクトのプレゼンテーションで、同じように自分の意見を述べているAさんとBさんがいるとします。

Aさんは、話している間に手を大きく振ったり、身振り手振りを多用します。

一方、Bさんは落ち着いて話し、姿勢も崩さずにプレゼンを行います。

この場合、Aさんのエネルギッシュな態度は一部の人には生意気だと感じられることがあります。

特に保守的な上司にとっては、そのような態度が「自己主張が強すぎる」と映ると思われます。

このように、表情、声のトーン、態度といった細かい違いが、同じ行動であっても異なる評価を生む要因となります。

したがって、特定の行動が生意気だと評価される背後には、これらの微妙な要素が影響していることを理解することが重要です。

広告

環境や状況の影響

伝統的な日本企業の職場の雰囲気

次に、環境や状況も大きく影響します。例えば、企業文化の違いを考えてみましょう。

ある外資系企業では、社員が自由に意見を述べる文化が根付いており、若手社員が積極的に上司に対して意見を述べることが推奨されています。

ここでは、社員が自信を持って意見を表明することが奨励され、たとえ上司に対して厳しい意見を述べても「積極的な意見交換」としてポジティブに受け取られます。

一方で、伝統的な日本企業では、年功序列が根強く残っており、若手社員が上司に対して意見を述べる際には、慎重な言葉遣いや態度が求められます。

同じ行動が、ある企業では「リーダーシップの発揮」として評価される一方で、別の企業では「生意気だ」と見なされることがあります。

例として、Aさんが外資系企業で上司に対して積極的に改善提案を行い、「将来のリーダー候補」として評価された場合、同じAさんが伝統的な日本企業に転職して同様の態度を取ったところ、「若手のくせに生意気だ」と批判されることがあります。

 

また、チームの雰囲気も影響を与えます。

あるプロジェクトチームがフラットな組織構造で、全員が平等に意見を出し合う文化を持っている場合、誰もが自由に意見を述べることが奨励されます。

しかし、別のプロジェクトチームでは、リーダーが強い指導力を発揮し、メンバーはその指示に従うことが期待されます。

前者のチームでは、若手社員が積極的に意見を述べることが評価される一方、後者のチームでは同じ行動が「指示に従わない態度」として生意気だと感じられることがあります。

 

さらに、個々の関係性も重要です。

例えば、長年の付き合いがある上司と部下の間では、親しみを込めた軽口や率直な意見交換が許されることがあります。

しかし、新しく配属された上司に対して、まだ信頼関係が築かれていない状態で同じような態度を取ると、「距離感がわかっていない」として生意気だと見なされることがあります。

このように、企業文化、チームの雰囲気、個々の関係性といった環境や状況が、同じ行動に対する評価を大きく左右する要因となることを理解することが重要です。

個人の過去の行動や印象

過去の行動を悔やむサラリーマン

さらに、その人の過去の行動や印象も関係しています。過去に生意気だと感じられる行動を取ったことがある人は、その後の行動も生意気だと解釈されやすいです。

例えば、新入社員のYさんが、入社直後の会議で積極的に意見を述べたとしましょう。

その意見が正しかったとしても、彼の表情や言葉遣いが強い印象を与え、初対面の上司たちには「態度が大きい」と映りました。

初対面でのこの印象が、その後の彼の行動を評価する際に影響を与えます。

 

Yさんがその後の会議でも同様に積極的に発言を続けた場合を考えてみましょう。

彼の意見がたとえ建設的であっても、最初の会議での印象が尾を引いているため、上司や先輩たちは彼の発言を「また出しゃばっている」と感じることがあります。

このように、初対面での強い印象が、その後の評価に長期間影響を及ぼすことがあります。

逆に、普段から謙虚で礼儀正しい人が一度だけ少し生意気に見える行動を取ったとしても、それは大目に見られることが多いです。

 

同じ部署のSさんは、普段から控えめで誠実な態度を取っています。

ある日、Sさんが意見を述べる際に少し強めの口調を使ったとしても、周囲の人たちは「彼にしては珍しいな」と感じる程度で、生意気だとは思いません。

Sさんの日頃の謙虚な態度が、多少の逸脱を許容する余地を作っていると思われます。

 

また、長期間にわたって積み上げられた信頼関係も影響します。

ベテラン社員のKさんが、普段から上司や同僚と良好な関係を築いているとします。

ある日、Kさんがプロジェクトの進行に対して厳しい意見を述べたとしても、周囲は彼の意見を「プロジェクトを良くしようという熱意」として受け取ります。

しかし、新入社員のUさんが同じような厳しい意見を述べた場合、「自分の立場をわきまえていない」と見なされることがあります。

このように、個人の過去の行動や築かれた印象は、同じ行動に対する評価を大きく左右する要因となります。

初対面の印象や日常の態度が、その後の評価に長期間にわたって影響を与えることを理解することが重要です。

良好な人間関係を築くための対応が第一歩

ここまでの分析と考察から、「みんなと同じ態度をとっているのに生意気だと言われる」という問題は、単純な行動だけでなく、環境、個人の過去の行動、関係性など多くの要素が絡み合っているということが分かりました。

したがって、生意気だと評価される際には、その背後にある複雑な要因を理解することが重要ということです。

自分自身としては、みんなと同じ態度をとっているはずなのに生意気だと言われたのは、社会人になって片手で数えることができる程度です。

これを多いと捉えるかは個人の判断によると思いますが、自分自身は改善するための行動があまりにも面倒くさく感じたのでこのままの自分を受け入れようかとも思いました。

そしてこれが生意気と言われる原因だとも気づきました。

解決するための対応を考えたいと思います。

まず、同じ行動でも環境や状況によって評価が異なることが挙げられます。

企業文化やチームの雰囲気、個々の関係性がその影響を受けます。

某企業ではリーダーシップを発揮することが重視され、積極的に意見を述べる社員が高く評価される一方で、別の企業では控えめな態度が求められ、同じ行動が生意気だと感じられることがあります。

さらに、個人の過去の行動や印象も重要です。

過去に生意気だと感じられる行動を取ったことがある人は、その後の行動も同様に評価されやすい傾向があります。

一度の失敗や誤解が、長期間にわたって影響を及ぼすことがあるため、注意が必要です。

そして、関係性も重要な要素です。

信頼関係が築かれている場合は、ある程度の融通が効くことがありますが、初対面や距離のある関係では同じ行動が生意気に見えることがあります。

結論として、生意気だと評価される際には、行動だけでなく環境、過去の行動、関係性など複数の要素を考慮する必要があります。

その上で、自身の態度や行動を客観的に見つめ直し、改善点を見つけることが重要です。

生意気だと感じられる原因を理解し、適切な対応をすることが、良好な人間関係を築くための第一歩となります。