(徹底編)家の庭にフンをする野良猫への対処方法

スポンサーリンク

(解決編)で、うちの庭に野良猫が物理的に入ることができないようにしてみました。野良猫対策を考えているときに「 どんとキャット 」を置いてもトゲトゲの隙間を歩いて通り抜けようとする猫もいるというのを動画で見たことがありました。ただ、いつまでもトゲトゲの隙間を歩いてまで、目的の所へ行こうとする根性のある猫はいないと思います。。

(解決編)家の庭にフンをする野良猫への対処方法
...
スポンサーリンク

一番の問題を解決することはできたが・・

庭に入るための通路に入り口に「 どんとキャット 」を置いたことにより、野良猫が庭に入ることを防ぐことはできましたが、案の定、その通路にフンがされているのがわかりました。

「隙間」があると、そこから入ってくる

こうなれば徹底して「 どんとキャット 」を置いてやろうと思い、追加で買ってきて、敷地への入口になっている家とフェンスの間の通路に置きました。

通路にどんとキャット

猫のフンは非常に臭います。落ちていれば周囲にその臭いが広がりますので、フンを綺麗に拾ったつもりでも、風下に立つとフンがまだ残っていることがすぐにわかります。

猫は綺麗好きだから、フンを探すのも大変

フン

非常に分かりにくいためそのまま画像を載せましたが、フンはまだ地面に残っているため臭いがしていました。土の性質にもよると思いますが、自分自信はどれがフンでどれが石なのか分からない状態だったので、フンと思われるものを徹底的に拾ってみました。すると、さっきまであった臭いが無くなりました。

これは大切な内容と思う話

暑くなってくる夏場ですと、猫のフンがあると細かい変な虫や小蠅が尋常じゃないぐらい集まってきますので、フンを見つけた場合には速やかに掃除をした方が良いと思います。

 

 

コメント