寝起きに怒っている子供への対応を間違えてはいけない。我が家はこれで解決しました。

スポンサーリンク

保育園の年中から年長にかけて、娘の朝の寝起きが非常に悪かったんです。目を覚ました時に同じ部屋に親がいないと、怒った声で「こっち来て~!」と親を呼ぶんです。呼ばれたから部屋に入ると、娘は半分泣きながら怒っているんです。「何で怒っているの?」って訊くと、「目を覚ました時に誰もいないから!」と言うんです。こちらの思いとしては、少しでも長く寝かせてあげようという優しさと、娘に起きられると、こちらの朝の準備がままならくなるので、静かに寝かせてあげているつもりなんです。

スポンサーリンク

「怒り」に対して「怒り」をぶつけてはイケナイ

仕事をしている自分にとって、朝はとても忙しいのです。自分自身の身支度に加えて、娘の朝食やら朝の準備があります。朝食の準備は、娘が寝ている部屋の隣のキッチン&リビングでしていて、リビングとのドアは開いているので、起きてくれば親は居るんです。「わけのわかんないこと言わないで、とっとと起きてきなさい!」って怒ると、機嫌が悪いまま起きてきて、しばらくふてくされているから、こちらの朝の準備がさらにままならなくなるんです。これがずっと続いていました。

最初に「同調」することから始めてみよう

雑誌かテレビかネットか忘れてしまいましたが、子供は共感や同意をしてほしい生き物って書いてありました。主な内容は、『いったん子供の感情に同意した上で、理由を伝えてみましょう。』ということでした。娘を上回る「怒り」で押さえつける方針を続けても良い方向にはいかないだろうということは感じていたので、「怒り」で押さえつけるやり方を変えてみました。
「目を覚ました時に誰もいないから!」って怒る娘に対して、「そうだね~。さみしかったよね~。」と、やさしく抱きしめながら同意した後、「でもね。お父さんもお母さんも朝の準備で忙しいから仕方ないんだよ」ということを何日も続けてみました。

すぐに効果は表れません。我慢しましょう。

しばらく続けたある日のこと、娘は目を覚ましても怒り声で親を呼ぶことがなくなり、一人で目を覚ましたあとは、静かに起きてくるようになったんです。初めて気が付いた時には、リビングでビックリしました。
思わず「おはようございます」と声をかけると、娘が「一人で起きてきたから誉めて。」と言います。とりあえず誉めると、ニンマリして朝食の置いてあるテーブルに向かいました。娘の怒りに同意し続けてきた効果なのか、さてまた他の要因かはわかりませんが、とりあえず変化がありました。

この日以降、娘が一人で起きてきたときには、笑顔で「おはようございます。一人で起きたの?すごいね~」というようにしています。

我慢するのではなく、余裕を持とう

寝起きに怒っていることは少なくなりましたが、今でも時々は、怒り口調で親を呼びます。それでも親が部屋に入ると機嫌は良くなります。
娘に呼ばれた時に部屋に行けるような時間を持つように、また、娘が一人で起きてきた時には笑顔でむかえることができるように、自分自身も早起きして、余裕を持つようにはしています。

コメント