子供の気持ちに寄り添うことによって、子供は安心して外の世界へ飛び出せる

スポンサーリンク

何か嫌なことがあっても、それに立ち向かえるようになったのはいつからだろう?「解決することで成長する」っていうけれど、ときには「そこから逃げる」っていう選択肢も大切って言ったりもする。どっちが良いのかは、時と場合?ケースバイケース?個人の価値観じゃないのかな。

スポンサーリンク

よくあることだけど、子供にとっては一大事なんです

とある出来事。娘が通っている体操教室では、最後に先生と追いかけっこをする。いちばんビリの子が先生に捕まると、ちょっとしたお仕置きをされる。娘は何度か捕まっていて、それが嫌で嫌でたまらないない。ある日、体操教室の日の朝に、娘がお腹が痛いと言い出した。詳しく訊くと体操教室に行くのが嫌だと言う。先生に「捕まる」ということに屈辱感を感じている。子供なりのプライドというか、負け組にはなりたくないだけ。

「厳しさ」は子供との絆をつくってからにしましょう

こういった時に、なだめようか厳しくしようか迷うよね。1ケ月ぐらいは何とかなだめていたけど、一度、あまりにも嫌で娘は体操の授業中に逃げたことがあった。通いだしてからまだ2ヶ月だし、体操服などの初期投資をしているので、何とか通ってほしい。

過去に一回だけ、「そんなに行きたくないなら、二度と行かなくてもいい!!」「もう二度と御稽古事には行かせない!!」って強く伝えて、行かせなかったことがあった。今回は何とかなだめてみたが、自分が居なくなったあと妻に「前に「行かなくてもいい」って言っていたのに」とぼやいた。

あなどれない奴だ。

子供には、「厳しくする」派?「褒める」派?

また別の日、なだめて褒めて体操教室に行かせた日の帰りに、「逆上がりできた~♪」と元気に報告してきた。子供に見えない裏で、うち等が「追いかけっこはお手柔らかにお願いします」と先生にお願いし、先生が協力してくれた効果があった。

大人でも同じだと思うけど、自分の気持ちを分かって欲しいんだと思う。気持ちが分かってもらえる味方がいるということがわかれば、あとは大人が良いように環境をつくってあげれば、いい方向に向かうってことだよね。

コメント