スポンサーリンク

好きだから選んだと思っていた仕事の職種選びが、実は違っていたことに気が付いた

現在勤めている社内の20代後半から30代前半の営業職の社員が辞めていくのが多い気がしています。
辞める社員の中である程度気心しれる方から話を訊くと、主に仕事に対するやりがいを感じることができないことを理由に挙げます。
 
他にもっと自分を発揮できる会社があるんじゃないかという漠然とした理由もありましたが、悪く言ってしまえば、このコロナ禍で、多くの客先から「訪問を控えてくれ」と言われ、お客様のところに行くことができないし、コミュニケーションをとることもできず、自宅で黙々と資料を読んだりしている日々を過ごしているだけでだと、仕事に閉塞感を感じて、隣の芝が青く見えているのかもしれません。
 
訊いた範囲では転職先は同業界でした。客先は同じなので隣の芝も意外と同じ事をするのかも知れないのにね。
スポンサーリンク

自分自身を振り返って

さて、自分はどうなのかといえば、仕事内容は主に施設で使用している装置の修理業務が多く、どちらかといえばお客様に要望されて施設へ訪問することが多いです。

このコロナ禍でも比較的施設から歓迎されて訪問することができています。また、自分の現状を分析して、40代後半という年齢もあり、今の時期にあえて転職を選択する気持ちにもなりません。

転職する社会人の多くはステップアップという形で会社を替わる人が多いのかもしれませんが、一説によると、最初に就いた職種(営業やエンジニアなど)のスキルを生かした異業種へ転職した方が給料アップや更なるスキルアップに繋がるとも言われています。

同じ職種を選んでいた理由に気が付いた

自分自身の職種は、いわゆるサービスエンジニアのため、主に機械が相手となりますが、業界としては家電や航空、医療機器などあります。
 
自分自身が転職をする時に思っていたのは、同じ業界・職種で転職をした方が入社しやすいと判断していたので、同じ業界の違う会社へ転職していました。
 
じゃあ、職種を何でサービスエンジニアやフィールドエンジニアにしていたんだろうと考えた時に、主には機械を触るのが好き、というのが主な理由となり、「コレ」といったものがあったわけではありませんでしたが、先日とあるトーク番組を見ていた時に、あるアーティストの方の発言で、自分の中で腑に落ちるものができました。その発言が以下です。
 
「自分が楽でやっているんだけど、すごい返りが多いのが自分に向いている仕事(やり方)なじゃないかなって思う。」

修理の仕事って最初はその機械のいろんな種類の症状を覚えて、そしてその対策や修理方法を知るということがとても大変だと思っているんですが、そういった経験を徐々に積んで身に付けていくと、多くの修理は過去に経験したものになります。
 
当然ですよね。これは人に依ると思いますが、経験を重ねると初めて経験するトラブルや症状について、過去の経験からのひらめきのような解決策や対応策を思いついたりすることもできるようになります。

「楽でやってる」を考えてみた

実は過去に経験したことのある修理で比較的簡単に治すことができたとしてもお客は、そのことを知らないわけですから、早く直したことをとても感謝されます。

サービスエンジニアのスキルは、勤務年数が増えれば増えるほど、修理経験も増えるので、自分が苦労する量は徐々に減っていくのに対して、修理完了までの時間は短くなり、顧客対応の効率性や作業の質は上がっていきます。

これを続けることで、お客には、「あの担当者であれば修理は確実にしてもらえる。」と印象付けることができます。

万が一修理が出来なかったとしても、「よっぽど大きなトラブルだったのかもしれない。」と思ってくれるようにすることもできます。

どんな仕事でも同じだと思いますが、最初の数年間は色んな面で苦労することが多いと思います。

経験を徐々に重ね、その経験をうまく使うことができるようになり、ある程度楽になったにも関わらず逆にお客から感謝される機会が増えるのでこの職種を選んでいたのかもしれません。

もしかすると修理業じゃなくてもよかったのかもしれません。

コメント