マンション売却 番外編 マンション購入希望者へ伝えたい事 売買のかけ引きがダメな理由

スポンサーリンク

中古マンションの場合、購入希望者からの購入の申し込みは、「買付証明書」を作成し、仲介業者を通して売り主に渡すことが多いと思います。「買付証明書」に購入希望価格を記入し、署名・捺印もするので、きちんとした購入の意思を持って出しているとは思います。売り主も仲介業者を通しているので契約成立の見込みがあると判断して交渉を開始しています。

自分自身は一度、売り渡し承諾書を渡した直後に申し込みを撤回されたことがあります。具体的な交渉もなく、条件が折り合わなかったというより、ある意味一方的に申し込みを撤回されました。しかも、値引き交渉の指値をしていてです。

スポンサーリンク

申し込み後の撤回はできますが・・

購入の申し込み後に、申し込みを撤回したいということもあると思います。売買契約を締結するまでの間に、支払や引き渡しの条件が合わなくなったとかそうったことが一般的な理由だと思います。申込証拠金を支払っている場合は返還もされます。

自分自身の場合は、「買付証明書」を受け取り、その日に「売り渡し承諾書」を作成した翌日に、仲介業者を通じて、「申し込みを撤回したい。」と伝えられました。理由は「身内からの反対」です。そういった身辺関係については、仲介業者は「買付証明書」を作成する際に確認します。にもかかわらず、身内を理由にして、申し込みを撤回するのは、あまりにも不誠実な対応だと思います。

購入の申し込みをするということは・・

署名・捺印された「買付証明書」を作成された後、すぐに仲介業者は動き始めます。オープンハウスをしていれば途中で閉めるかもしれません。売り主に「売り渡し承諾書」を作成してもらうために、書類作成に動きます。不動産情報サイトに載せていれば、すぐに掲載を止めることもあります(公正取引のおとり広告にひっかかる場合があるため)。

申し込みを撤回されると、再度、不動産情報サイトに掲載してもらうのにも時間がかかりますし、条件が合わずに撤回された訳ではないので、売り主への精神的なダメージは大きいです(自分自身の場合は、「やっと売れた」感があったので相当なダメージでした。)。

売り主都合かもしれませんが、条件交渉をしていないのに、購入の申し込みを撤回する行為は、不誠実な対応だと思います。最初から購入する気のない冷やかしと思ってしまいます。

購入の申し込み前のかけ引きはしないほうがいい

これは契約に至る申し込みがあった時の話ですが、仲介業者の話では他にも申し込みを考えている方がいたそうです。ただその方は事前の住宅ローンの仮審査をしつつも、仲介業者には「他にも考えている物件がある。」と伝えていたそうで、今回契約に至った方からの申し込みがあったと知った後に、自分の物件でほぼ固まっていたと仲介業者に話をしたそうですが、時すでに遅しでした。

中古マンションは早い者勝ち

新築マンションと違い、中古マンションの場合は、申し込みの早い方から購入の交渉優先権があります。売り主との条件が合わず契約に至らなければ、次の方に交渉権が移ります。もし、営業担当者に「この物件は人気なので、今日にでも申し込みをしないと別の方が買ってしまうかもしれません。」というようなことを言われて申し込みをすると、自分自身のようなトラブルが頻繁に起こるかもしれません(自分自身の担当者はこういう方ではないと信じていました。)。

信頼できそうな仲介業者を通じて購入しましょう

新築マンションと違い、中古マンションはじっくり考えていると別の方が買ってしまうというリスクがあります。ですので、興味が持って欲しい中古マンションが見つかった場合は、短期決戦と考えて、希望の条件を営業担当者に質問して、その質問が早く返ってくるのかも含めて仲介業者の信頼度を測ってください。

コメント