中年のおじさんだけれど、お腹の脂肪を簡単かつ楽に落としたいから真剣に取り組んだよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結論からいうとお腹の脂肪は落ちる

肺機能の回復のために、タバタ式のトレーニングを始めて半年が過ぎようとしています。欲張りな自分は、肺機能の回復を目標とするだけでは満足せず、「せっかくなので痩せたい!」という目的を掲げることにしました。

タバタ式トレーニングのプログラム内容を考えるためにいろいろと調べて知識を広げているうちに、「痩せるためには基礎代謝を上げることが重要」ということが分かりました。食べても太らないという人は、基礎代謝が高いため、太りやすい人と同じような生活をしていても同じように体重が増えていかなかったり、体重が増えてもすぐに減ることになります。

てっとり早く基礎代謝を上げるためには、筋肉を付けることです。いまのトレーニングは、主に下半身の筋肉を付けるためのプログラム内容になっており、3カ月過ぎたころには、脚に筋肉が付いてきたことを実感していました。

基礎代謝だけでは痩せないのがお腹の脂肪

不思議なことに、お腹の脂肪は減りません。運動に対して減らないです。脚が締まってきているのを感じているのに、お腹のベルトの穴の位置は変わりません。

小学生の頃からお腹周りに脂肪を蓄えて成長し、身長が伸びれば体重も増えて、お腹周りは常に脂肪が蓄えられてきました。自分の中では、この脂肪蓄えられ感が日常でした。とはいっても、お腹周りがバキバキの人を見れば、うらやましいと思っていました。

そんなコンプレックスから解放されるためにも運動をある意味がんばって、筋肉が増えた実感があるのにお腹の脂肪だけが減りません。

街で歩いている時にたまに見かける後ろ姿は比較的やせ型体形なのに、正面や横から見るとお腹がポッチャリしている人は、お腹だけに脂肪がついているわけです。

下腹部の脂肪が取れない理由に納得した

下腹部の脂肪が落ちない理由は、お腹の血行は他と部分と比べて流れが悪いからです。お腹の血流はもともと悪いんです。お腹に脂肪がたまりやすいのは、元々お腹の血流が悪いから脂肪が燃え難いんです。下腹部の脂肪は分解されにくいことで有名で、アドレナリンの受け皿であるレセプターが少ないため、ホルモン感受性リパーゼという脂肪を溶かすホルモンを活性化させることができないため、脂肪が燃え難いんです。

下腹部の脂肪を燃やすには「食べない」が一番

下腹部を含めてお腹周りの脂肪はもともと燃え難い、普段燃えにくい脂肪がどういった時に燃えやすくなるかというと、体に栄養が足りないという認識させて、栄養を補うために普段は燃やさないお腹周りの脂肪を燃やさなくちゃって思わせてやることです。
それをするには断食です。「食べない」ということです。断食をすることによって体は栄養が足りないと危機を感じます。体は栄養不足になったと思って、普段は燃やさないお腹周りの脂肪を栄養として燃やすため、お腹周りの脂肪を落とすことができます。
ただ断食といっても、ひたすら水しか飲まないような断食は、筋肉もいっしょに落ちてしまいますので、プチ断食と言われるある一定の時間だけ食べず、一定の時間だけカロリーを断つことによって、体に危機感を与えて普段より多くのアドレナリンを分泌させてあげます。
運動によってアドレナリンが普通に分泌されても、体の他の部分の脂肪は燃えますが、お腹周りは血行が悪いのでアドレナリンが届かず、その上アドレナリンのレセプターが少ないので、ホルモン感受性リパーゼが活性化されないから燃える形にもなりません。
プチ断食によって普段よりも多くアドレナリンを分泌させて、下腹部の脂肪を燃やし始めなければいけません。お腹周りの脂肪を減らすためには、プチ断食をするのが一番良いことになります。
アドレナリンをどんどん分泌させるには、何時間ぐらい食べないかというと、12時間から18時間ぐらい経ってからなので、女性であれば12から14時間ぐらい、男性だったら14から16時間ぐらいは、断食しないとこの作用が出てこないということになります。
断食は最初の一週間ぐらいはお腹が空いて辛いですが、慣れてくると食欲が減ってだんだん食べなくなり、それが慣れてくるので、断食が楽になってきます。

断食したら炭水化物を食べるのがイイね。

断食をした後は、炭水化物を取って栄養を補充しないと、リバウンドの原因になりやすく、特に、低糖質ダイエットと合わせてしまうとリバウンドが大きくなってしまうので、気を付けましょう。仮にたくさん食べたとしても一日の普段の食事カロリーから20から30%程度は少ないです。

実際にプチ断食した効果

実際にプチ断食をしました。食べない時間を16時間作るのは辛いので、この時間に睡眠時間を入れています。泊りの出張時にプチ断食するのが、家庭をもっているサラリーマンにはやりやすいかもしれません。お昼ご飯を食べて、仕事が終わったら何も食べずに、水を買って朝食付きのホテルに籠ります。お腹が空いたような気がしたら水を飲みます。そして朝食の時間まで部屋の中で過ごします。翌日の朝食はいっぱい食べます。これを自分はしています。

個人差なのかもしれませんが、自分の場合は、この断食をした翌日は体重に変化はあまりありませんが、2・3日後に体重がガクっと減ります。この時期にがっつり食べるとすぐに戻ってしまうので、少し食べる量を意識するといいと思います。

あと、普段から運動をしていると基礎代謝が脂肪を減らす助けをしてくれます。

まずはお腹の下腹部よりも腹回りの脂肪が落ちます。体重が減るとやる気が出るので、普段の生活でもなるべく断食時間をつくるように工夫するようになります。

コメント