朝食にゆで卵とチーズでのたんぱく質の摂取が、筋肉肥大の効果に影響する科学的研究が見つかってウレシイ

筋肉肥大の効果 個人的探究
広告

はじめに

筋肉を効率的に増やすには、適切なトレーニングだけでなく、栄養摂取も大切です。

同じトレーニングや食事計画でも、筋肥大の結果が異なるのは、朝食時のたんぱく質摂取量が筋肥大率と関係しているからです。

体重1kgあたりの朝食たんぱく質摂取量が、筋肥大に影響を与えていることが研究されていました。

筋肉の増大は、私たちの健康維持にとても大切です。

レジスタンストレーニング(スクワットや腕立て伏せ、ダンベル体操など筋肉に抵抗をかける動作を繰り返し行う運動)は筋肥大を促しますが、その効果には個人差があります。

この個人差の一因として、朝食でのたんぱく質摂取量が注目されています。

なぜ、体重1kg当たりの朝食たんぱく質摂取量のみが筋肥大率と関係しているのでしょうか。

この研究では、成人男女31名(女性は45%)を対象に、筋肥大と朝食のたんぱく質摂取の関連を調査しました。参加者の特性や栄養摂取量は調査票で、睡眠と身体活動はウェアラブルデバイスで評価しました。上腕二頭筋に対するレジスタンストレーニングは、週に2回、12週間、最大挙上重量の70%の強度で行いました。筋量はMRIで評価し、12週後の筋肥大率は上腕二頭筋で14.2±8.3%でした。重回帰分析の結果、体重1kg当たりの朝食たんぱく質摂取量だけが筋肥大率と有意に関連していました。

筋肥大応答のバラツキに関連する因子の探索:たんぱく質摂取量に着目して
広告

朝食たんぱく質の重要性

たんぱく質摂取のためのプロテイン飲料

たんぱく質は筋肉の修復と成長に不可欠な栄養素です。

筋トレ後のリカバリー期間中に、十分なたんぱく質を摂取することで、筋肉の合成が促進されます。

特に、朝食でのたんぱく質摂取が重要視される理由は、夜間の絶食状態を経た体が最も栄養を必要としている時間帯だからです。

この時に適切なたんぱく質を供給することで、体は効率的に筋肉を修復し、新しい筋繊維を生成することができます。

広告

たんぱく質の摂取量と筋肥大の関係

多くの研究が、たんぱく質摂取量と筋肥大の関係を調査していますが、朝食のたんぱく質摂取量が特に注目されたのはなぜでしょうか?

それは、朝食でのたんぱく質摂取が一日のたんぱく質合成を最適化する可能性が高いからです。

体重1kgあたりのたんぱく質摂取量が適切であれば、一日の他の食事でもバランスよくたんぱく質を摂取できる基盤が整います。

体重70kgの人が、朝食で体重1kgあたり1.6gのたんぱく質を摂取する場合、112gのたんぱく質を摂ることになります。

この量は、卵4個(約28gのたんぱく質)、鶏胸肉200g(約46gのたんぱく質)、プロテインシェイク1杯(約38gのたんぱく質)で構成されます。

筋肥大応答の個人差の要因

たんぱく質摂取のための食事

筋肥大の応答には個人差があり、その要因は多岐にわたります。

遺伝的要素、ホルモンバランス、トレーニングの質と量、そして食事のタイミングと内容などが影響を与えます。

特に、たんぱく質の消化吸収率やアミノ酸プロファイル、代謝速度などが個々に異なるため、同じ量を摂取しても結果が異なることがあります。

遺伝的要素

遺伝的要素は、筋肥大の個人差において非常に重要な役割を果たします。遺伝的要因によって、筋肉の成長速度や筋繊維のタイプが異なることがあります。

  1. 筋繊維のタイプ:

    • 速筋繊維(タイプII): 高速で力強い収縮ができる筋繊維で、筋肥大が起こりやすい。遺伝的に速筋繊維の割合が多い人は、筋肥大が迅速に進む傾向があります。
    • 遅筋繊維(タイプI): 持久力に優れた筋繊維で、筋肥大は比較的遅い。遅筋繊維の割合が多い人は、筋肥大がゆっくり進行します。

  2. 筋肉の成長因子:

    • IGF-1(インスリン様成長因子-1)やマイオスタチンなどの成長因子のレベルが遺伝的に異なることで、筋肉の成長速度に差が生じます。IGF-1のレベルが高い人は筋肥大が進みやすく、マイオスタチンのレベルが低い人も同様です。

ホルモンバランス

ホルモンバランスも筋肥大に大きな影響を与えます。主に関与するホルモンはテストステロン、成長ホルモン、インスリンです。

  1. テストステロン:

    • 筋肉の合成を促進する主要なホルモンです。テストステロンレベルが高い人は、筋肉の修復と成長が早く進みます。男性に多く見られますが、個人差も大きいです。

  2. 成長ホルモン:

    • 筋肉の成長を促進するホルモンで、睡眠中に分泌が増加します。成長ホルモンの分泌が多い人は、筋肥大が迅速に進行します。

  3. インスリン:

    • 筋肉のグリコーゲンストアを増やし、たんぱく質の合成を助けるホルモンです。インスリン感受性が高い人は、栄養を効率よく筋肉に取り込むことができ、筋肥大が進みやすくなります。

トレーニングの質と量

筋肥大のためのトレーニングの質と量

トレーニングの質と量も筋肥大において重要です。トレーニングプランの作成と実行には、いくつかの要因を考慮する必要があります。

  1. トレーニングの質:

    • 高強度で適切なフォームを保つことが重要です。例えば、スクワットやデッドリフトなどの複合運動を正しいフォームで行うことで、多くの筋肉群を効果的に鍛えることができます。
    • トレーニング後の筋肉疲労度やパンプ感も質の指標となります。高強度で筋肉に十分な刺激を与えることが求められます。

  2. トレーニングの量:

    • 週あたりのトレーニングセッションの数や、一回のセッションでのセット数とレップ数が影響します。適切なボリュームを維持することで、筋肉に適切な負荷をかけ続けることができます。
    • オーバートレーニングを避け、適切なリカバリー期間を設けることも重要です。

食事のタイミングと内容

食事のタイミングと内容も筋肥大に大きく影響します。特に、たんぱく質摂取のタイミングが重要です。

  1. たんぱく質のタイミング:

    • トレーニング後30分以内にたんぱく質を摂取することで、筋肉の修復と成長を最適化できます。例えば、プロテインシェイクや高たんぱく質の食事を摂ることが推奨されます。
    • 一日のたんぱく質摂取量を複数回に分けて摂取することが、筋肥大に効果的です。朝食、昼食、夕食、そしてトレーニング後のスナックなどに分散させることで、筋肉のたんぱく質合成を持続的に促進できます。

  2. 栄養バランス:

    • たんぱく質だけでなく、炭水化物や脂質も重要です。炭水化物はエネルギー供給源として、トレーニングのパフォーマンスをサポートします。また、脂質はホルモンの生成に必要です。

    • ビタミンやミネラルも筋肉の修復と成長に必要です。例えば、ビタミンDやカルシウム、マグネシウムなどが重要です。

結論:なぜ朝食たんぱく質が有意に関連するのか

朝食のたんぱく質摂取が筋肥大率と有意に関連している理由は、主に以下の要因に帰結します。

  1. 絶食状態からのリカバリー: 夜間の絶食状態から早期にリカバリーするため、朝食時にたんぱく質を摂取することが重要です。例えば、Fさんは夜間の絶食後にすぐに高たんぱく質の朝食を摂取することで、筋肉の分解を防ぎ、筋肉の修復と成長を促進しました。

  2. 絶食状態からのリカバリー: 夜間の絶食状態から早期にリカバリーするため、朝食時にたんぱく質を摂取することが重要です。例えば、Fさんは夜間の絶食後にすぐに高たんぱく質の朝食を摂取することで、筋肉の分解を防ぎ、筋肉の修復と成長を促進しました。

  3. 代謝とホルモンの影響: 朝は代謝が活発であり、ホルモン(特に成長ホルモンとインスリン)のレベルが高いため、たんぱく質の利用効率が高まります。Hさんは、朝食でのたんぱく質摂取により、ホルモンバランスが最適化され、筋肉合成が促進されました。

まとめ

筋肥大を目指すトレーニング愛好者にとって、朝食時のたんぱく質摂取が非常に重要であることがわかります。

この知見を基に、個々の体重に応じたたんぱく質摂取量を計算し、朝食に組み込むことが、効率的な筋肉成長をサポートする最善の方法の一つと言えるでしょう。

体重1kgあたりの朝食たんぱく質摂取量に注目することで、個々の筋肥大応答のバラツキを減少させることが期待されます。