30代の時に登録していたエン・ジャパングループは、「enミドルの転職」に移行していた

スポンサーリンク

30代後半の時にも転職活動をしている。この時にエージェントスカウトでお世話になったのがエン・ジャパングループのen転職サイトである。ここに登録していたことを思い出し、何とかログインに成功した。すると画面が「ミドルの転職」に移行されていた。40代だもんね。ミドルですよね。

スポンサーリンク

ミドルの転職サイトの特徴

30代の時から登録していたが、おそらく40代になっても登録は可能と思われる。個人プロフィール、勤務先、語学・資格、職務経歴要約(経験職種と年数、精通している業界、マネジメント経験、転職回数)を入力する。
また、職務経歴書(和文)と職務経歴書(英文)がある、英文は必須ではない。和文の方に、職務経歴、自己PR、転職理由を入力する。

スカウトの利用

WEB履歴書に「スカウトのご利用が可能です! コンサルタント・人材紹介会社からスカウトを受け取ることができます。」が表示されていれば、「スカウトの利用を開始する」ボタンを押して、コンサルタント・人材紹介会社等からのスカウトを待つことができる。

コンサルタント・人材紹介会社からのスカウトとは、彼らがWEB履歴書の職務経歴を見て、彼らが持っている案件の求人内容に近ければ、メールを送ってきてくれる。面接が約束されている訳ではない。しかも必ずスカウトが来るとは限らず、スカウトが来なければ来ないで凹む。30代の時にはスカウトメールが10通ぐらい来たが、登録してからブログを書くまでに実際は1週間ぐらいあったのが、まだ1通も届いていない。

求人検索

ミドルの転職に出しているだけあって、募集年齢の幅が、30代後半から50代までというものある。こういった求人の年齢制限理由は、「特定年齢層の特定職種の労働者が相当程度少ないため」とあるので、40代であっても十分応募することができる。

ただし、応募資格がかなり厳しいというか、相当な経験を求められる。その分ポジションや給与も十分なものが与えられているように感じる。40代の人材に求められるのは、その分野での相当な経験や知識と、どういったポジション(管理職)で仕事をしてきたかということであると思う。40代まである意味、現場レベルでがんばってきた人は求められていないというように感じる。

一言

必ずしも管理職の仕事ばかりではないが、その分野での知識は求められることになる。「入って勉強します」は通用しない。年齢を幅広くして募集しているところは、勤務地が全国であったり、直行直帰型の自由裁量制だったりと文面上は聞こえはいいが、注意しなければいけないと思うような求人も散見される。

個人的には、業種をメーカーで絞ったからもあるとは思うが、愛知県は、工場の製造管理や品質管理関係の求人が多い印象をもった。自分がおこなってきたカスタマーサポート系の仕事は、この年齢になると、まず無い。

過去に戻れるのであれば、工場の製造プロセスに関する製造管理や製造技術、品質保証の仕事に就きたい。

コメント